ホテルの部屋とハロウィン

ボストンで滞在したホテルの部屋です。思ったより部屋が広く、ベットのサイズもゆったりしていてくつろげました(^^)

1990年、ホテルの部屋

ホテルの部屋

ホテルに着いて早々に持参した東芝ノートPC(DynaBook)から電話モジュラージャックに接続します。

米国の都市・地域によってアクセスポイントがないところもあるで、ターミナルモードで米国のコンピューサーブ経由と、TYMNET(国際通信サービス)経由の二系統から、日本のニフティ・パソコン通信サービスに接続するスクリプトを作成、設定しました。

ホテルの内線電話から外線発信、そしてゲートウェイ接続のタイミング調整など、何回も試行錯誤しながらコマンドを打ち込んだのを記憶しています。

日本のJTBへの連絡(FAX印刷サービスでしたが)や、訪問先アポイントの確認をメール(ニフティ・パソコン通信)でしていたので、両方の接続を確認した時は正直ホッとしました。

ハロウィン

ハロウィン

・・・初めての海外通信でしたので、ドキドキしてましたね(笑)

ボストンは、ちょうどハロウィンの時期で、ホテルのカフェはこんな感じでした。

当時、私にはハロウィンに馴染みがなく、面白いデザイン・習慣だな〜と感じていました。

ほぼ毎日ここで朝食を食べてから出かけていたと思います。

メニューは、ほとんどコーヒーとマフィン、エッグ・・・・くらいでした(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です