ロシアMTSとHuaweiが5G契約を締結、中国とロシア親密化

6月5日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ、Huawei)は、ロシアで2019年から第5世代(5G)通信網を開発するとの合意を、ロシア通信会社MTS(Mobile TeleSystems)と締結しました。また、先日 Huaweiはロシアの顔認証技術開発の「VOCORD」社を推定5,000万ドル(約54億円)で買収しています。

Live: Xi Jinping and Vladimir Putin exchange signed documents习近平与普京交换签署文件并召开记者发布会 / CGTN

習近平(Xi Jinping)中国国家主席と、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)ロシア大統領の会談に合わせ、調印が行われました。ロシア通信会社MTSは Huaweiとの間で「2019〜2020年に5G技術の開発と第5世代通信網の試験的な立ち上げ」を行う合意を結んだと発表しています。

米トランプ政権は、Huaweiを中国政府のスパイと見なし、5月にはHuaweiに対する米国製ハイテク部品などの販売を禁止しています。米国内、西側諸国やシリコンバレーでの活動に影響が及んで来た中国が、ハイテク分野のビジネス拡大やスタートアップ投資、人材確保でロシアとの親密化に拍車をかけています。

Vocordは1999年に設立され、顔認識、ビデオ監視、および交通違反を検出するためのカメラとソフトウェアを開発しています。2011年のRospatentベースによると、11の特許と6のプログラム特許を所有。この買収により、ブランド、特許、Vocord開発チームも移動します。

VOCORD

Вокорд представляет VOCORD NetCam.AI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です