不吉な妖精を生む太古の森 ウィストマンズ・ウッド

イギリスのデヴォン州に広がる太古の森、そこにはウィストマンズ・ウッド(Wistman’s Wood)が広がっています。その地は数千年にわたって訪れた人々の想像力をかきたて、古代ケルト人の司祭であるドルイドたちや、黒い犬の姿をした不吉な妖精「ヘルハウンド」にまつわる伝説を生み出してきました。

EMPIRE – Shot up to Wistmans Wood after work last night as I had seen there was mist forecast. / Neil J Burnell(Facebook)

苔むした岩やシダ、地衣類に覆われ節くれだったナラ(oak)の木が絡み合い、霧に包まれた森は神秘的でもあります。写真を観ると、すぐに映画「スター・ウォーズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」の場面が浮かんできます。

絵画のような幻想的な写真を撮影したのは、グラフィックデザイナーで写真家でもあるニール・バーネル(Neil Burnell)さんです。バーネルさんは、この森に2018年は20回近く足を運び、さまざな光や気象の下でカメラを構えていたそうです。写真を見た人の多くは、これらの一連の画像はデジタル加工をしていると考えたようです(^^)

Empire

ブラックドッグ(Black Dog)は、イギリス全土に伝わる黒い犬の姿をした不吉な妖精のことです。ヘルハウンド(Hellhound)、黒妖犬とも言います。たいていの場合は夜中に古い道や十字路に現れ、燃えるような赤い目に黒い体の大きな犬の姿をしています。

A ghostly Black Dog. / Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です