1989年 中国民主化運動の象徴:戦車男(Tank Man)

六四天安門事件とは、1989年6月4日に、同年4月の胡耀邦(こ ようほう)の死をきっかけとして、中国・北京市にある天安門広場に民主化を求めて集結していた学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が武力弾圧(市民に向けての無差別発砲や装甲車で轢き殺したとの報告がある)し、多数の死傷者を出した事件です。

jeff widener Website

jeff widener Website

一人で戦車に前に立っている「無名の反逆者」は、天安門事件の直後、天安門広場に通ずる長安大街の路上で撮影された、戦車の行く手を遮る映像に登場する男性のことです。

氏名不詳のため、「無名の反逆者」(the Unknown Rebel)、「戦車男」(Tank Man)などのニックネームで呼ばれています。

動画も含め多くの写真も撮影されましたが、最も広く取り上げられ、ピュリツァー賞(Pulitzer Prize)候補にもなったのは、AP通信のジェフ・ワイドナー(Jeff Widener)氏が撮影した写真でした。

今では、世界中で誰もが知っている写真の一枚とみなされています。



天安門事件を暗示したCM、ライカ(Leica)を検閲対象に


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です