分かりやすい性的同意のアニメ: YesはYes NoはNo

日本では「性的同意」について未だに刑法に含まれておらず、現刑法では暴行・脅迫を証明できた時、もしくは心神喪失・抗拒不能だと認められた時(これを証明するハードルはかなり高い)でなければ犯罪と認められないのが現状です。伊藤詩織さんら4人の女性が、性的同意についての分かりやすいアニメーションを制作しています。

YesはYes NoはNo / Shiori Ito (Hanashi Films)

伊藤詩織さんは「現在、日本では私たち一人一人の性的同意が無視されてしまうような刑法になっています。それによって見過ごされてきた犯罪がどれほどあったことでしょう。どれだけの涙が流されてきたことでしょう」と述べています。

アニメーションを作った理由は「性教育がきちんとされておらず、性的同意についての教育も学校でままならない中、もっと基本的な性教育や相手を敬う関係性などを、大人だけでなく子どもにも伝えることができる動画を制作するべきだと思いました」と語っています。(Buzz Feedから)

YesはYes NoはNo / Shiori Ito (Hanashi Films)

これまで、英語では「相手が紅茶を飲みたくない時に、無理やり飲ませるのはいけないですよね」と、性的同意をお茶に誘うことに例えた動画などが出ていました。しかし、子どもにも分かりやすい日本発の動画は、あまりありませんでした。

今後は、性教育に使えるようなアニメーション動画を、シリーズとして作っていく予定ということです。

ナレーション:伊藤詩織 / イラストレーション:小林エリカ / 音楽:寺尾紗穂 / アニメーション:ふるやまなつみ / 英語字幕:一般社団法人Voice Up Japan, Speak Up Sophia

YesはYes NoはNo from Shiori Ito (Hanashi Films) on Vimeo.

2017年法改正にあたり、3年を目途に再度、刑法の見直し(2020年)を検討することになっています。刑法改正に向けて Change.orgで電子署名をすることができます。

最低の男女格差指数 日本121位(Global Gender Gap Report 2020)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です