常紋トンネル(じょうもん)は、JR北海道石北本線にある単線非電化の鉄道トンネルです。生田原駅と金華信号場の間にあり、遠軽町と北見市とを結ぶ常紋峠下を通ります。本トンネルの金華信号場側には2017年まで西留辺蘂側坑口付近に常紋信号場がありました。1912年(大正元年)3月に湧別線常紋隧道として着工。常紋という名前は常呂郡の北見側(旧留辺蘂町)と、紋別郡の遠軽側(旧生田原町)から付けられました。

石北本線常紋トンネル 生田原方 / Wikipedia

常紋トンネルは、凄惨過酷なタコ部屋労働で建設されたことでも有名です。本州から集められた「タコ」とよばれた労働者は、わずかな食事と過酷な労働から、1912年3月から1914年10月の工事完了までの間に100人を超える死者を出しました。施工当時、重労働と栄養不足による脚気から労働者は次々と倒れ、倒れた労働者は治療されることもなく体罰を受け、遺体は隧道や現場近くの山林に埋められたと言われます。

囚人道路(しゅうじんどうろ)とは、明治20年代ごろの北海道各地において、囚人たちの労働力によって建設された道路の俗称。代表的なものとして札幌から旭川、北見を経て網走に至る中央道路が知られています。明治20年代後半からのインフラ整備は、道路の拡張ではなく鉄道の整備となり、人口が増加して脱獄囚が容易に人家を襲い逃亡することが可能になったこともあり、鉄道建設に関しては労働力の中心に囚人を利用すべきではないと指摘され囚人労働は減少します。しかし、強制労働としての性格は、土工部屋に収容して土木工事に半強制的に駆り立てた「タコ部屋労働」へと引き継がれていきます。

「タコ」の語源については、諸説あり定説がありません。(1)タコ(蛸)は一旦岩に吸い付くと死ぬまで離れないように、土工夫もタコ部屋に入ると必死で労働するからだとも、(2)タコのように自らの足を最後の食料とするように、前借り金を負った土工夫も代償として自らの肉体と労働力を切り売りするからとも、(3)この種の労働者を東北地方北部を中心とした他の地域から、斡旋業者の甘い言葉に乗せて他人に雇用されるから(他雇)とも、(4)労働者がタコ部屋から糸の切れたタコ(凧)のように逃亡するからとも言いますが、何れも確実なものではないそうです。

常紋信号場を通過する157号機 / Wikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください