合成生物学の未来を映像化した「Synthetic Biology」

合成生物学(Synthetic Biology)は、生物学の幅広い研究領域を統合して生命をより全体論的に理解しようとする学問です。しかし、生命システムは非常に複雑なため、単純で人為的に操作できるシステムから組み上げていこうとする研究がされています。近年は生命システムを自由自在にデザインして組み立て、情報処理、化学物質の操作、有用物質の生産、エネルギーや食糧の生産、健康や地球環境の維持などに役立てようとする、バイオテクノロジーの研究が盛んに行われています。映画においても、SFやホラー、戦争、ドキュメンタリーを含めてさまざまな視点から数多く作品が創り出されています。

Synthetic Biology / Vasil Hnatiuk

ヴァシル・ハナティク(Vasil Hnatiuk)さんが制作したショート作品「Synthetic Biology(合成生物学)」ですが、ハチやトンボなどの昆虫、そして自然界の生物が、いかに優れた運動性能とスーパーコンピュータも及ばない知識を有しているかを描いています。

人工知能(AI)や自動運転車、最新ロボット、高性能ドローン、衛星などがハイテクノロジーとして紹介されます。しかし、下等とされている昆虫などの超々ハイテクな生命システムや運動機能を解明することすらできていません。人類にとって、宇宙と同様に自然界や生命システムは暗中模索の未知領域です。

作品が描く「未来」が100年先なのか? 500年? 映像化されているのは超々ハイテク・ペリコプターや、未来都市、宇宙船であることは確かです(^^)


Synthetic Biology from Vasil Hnatiuk on Vimeo.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください