太平洋ゴミベルトから海洋プラの除去を開始(The Ocean Cleanup)

オランダの環境団体「The Ocean Cleanup」は、海洋クリーンアップ設計を継続的に改善してきたSystem 002(JENNY)により、7月末から9回の捕捉テストで、合計28,659Kgのプラスチックを回収しました。小さな破片から巨大なゴーストネットまで、繰り返し効率的に捕捉できました。最初の Systemの立ち上げから3年で海洋プラスチックのクリーンアップの実行可能性を証明することができました。下記の動画(Facebook)を参照してください。

System 002 Test Plan for trip 1 / The Ocean Cleanup

すぐに悪名高い太平洋ゴミベルトの海洋プラスチックの除去を開始します。このクリーンアップ作業と並行して System 003の開発を開始。System 003の設計は、長さが2.5 km(1.5マイル)で System 002(JENNY)の3倍になると予想され、テストから収集されたいくつかの洞察が組み込まれます。

The Ocean Cleanup設立から8年、最初の Systemの立ち上げから3年で、スケーラブルな海洋クリーンアップ設計方式によりプラスチックを効率的に回収できました。また、海洋の環境保護はすべての取り組みの最優先事項であり、環境モニタリングとデータ収集を継続し、環境に責任のある段階的なアプローチで前進するとしてします。

The Ocean Cleanupのモデリングでは、太平洋ゴミベルトをクリーンアップするために約10台のフルサイズシステム(System 003)が必要であると予測しています。一連のシステムがすべての環流に配備され、発生源の削減と組み合わされた後、2040年までに浮遊する海洋プラスチックの90%を除去できるようになると予測しています。

プラスチックが河川を経由して海洋に侵入するのを防ぐための取り組みとしては、2021年と2022年に開始される予定の新しいインターセプター(THE INTERCEPTOR™)プロジェクトで継続されます。

System 002 extraction zone emptied on deck / The Ocean Cleanup

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です