早急に高齢者運転免許制度の規制を強化すべき

急速に少子高齢化が進む日本で、4月19日「東池袋自動車暴走死傷事故」がありました。87歳の高齢男性が運転する乗用車が暴走して、31歳と3歳の母子の命を奪っています。未来ある人たちが犠牲になるのは言葉になりません。高齢運転者は認知機能のみが低下するのではなく、加齢に伴う様々な身体機能の低下によっても、交通事故を起こすリスクが高まることが指摘されています。
外国の高齢者に対する運転免許制度の概要と、最新の調査研究報告書です。早急に「実車による再試験制度」や時間限定、地域限定、車種限定(マニュアル車や自動ブレーキなど)などの「限定免許制度」も導入すべきです。

免許人口当たりの死亡事故件数 / 警察庁

上図のように年齢層別に、75歳未満で3.4件、75歳以上で8.0件と、高齢運転者の事故率が高くなっています。特に、80~85歳未満で9.1件、85歳以上で15.1件となっています。また「操作不適」である割合は、第1当事者が75歳未満の者による死亡事故のうち16%(432件)であるのに対して、75歳以上の者による死亡事故のうち30%(136件)です。特に、ブレーキとアクセルの踏み間違いである割合は、75歳未満の者による死亡事故のうち1.1%(28件)であるのに対して、75歳以上の者による死亡事故のうち5.4%(25件)です。

「外国の高齢者に対する運転免許制度」には「定年制」はありません。ただし、「医師の診断を受ける義務」「実車による再試験制度」「各種の限定免許制度」「認知症の扱い」が規定されており、高齢者の特性等に応じた対策をしています。

高齢になるほど自信過剰に陥りやすいので、運転技能を数値化すべきです。「自主返納の決断」ができない高齢者は大勢います。同じ人的要因でも都会では悲惨な取り返しがつかない重大事故になってしまいます。制御が不十分な自動車は凶器です。

死亡事故の人的要因 / 警察庁

認知バイアスとしてダニング=クルーガー効果が注目


「早急に高齢者運転免許制度の規制を強化すべき」への4件のフィードバック

  1. アンゼンマモル

    興味深く拝見いたしました。上の図2は「死亡事故限定」の事故率でして、85歳以上等の高齢運転手は若い人なら助かるような怪我でも自身が死亡してしまうことが多いため死亡事故率が高くなるものと考えられます。警察庁の資料 https://www.npa.go.jp/toukei/koutuu48/H29siboubunnseki.pdf の図3-1-1の引用な訳ですが、図3-1-6を見ると、75歳以上では工作物衝突や路外逸脱などの「車両単独」(つまり死亡しているのは運転手本人か同乗者)が多く、75歳以下では横断中などの「人対車両」が多くなっています。高齢者の死亡事故では本人死亡が圧倒的に多く、若者の起こす死亡事故では歩行者死亡が多いことが強く示唆されます。人命尊重の立場からは、やはり高齢になればできるだけ運転を控えるのが望ましいと思われます。
     歩行者等の第三者まで巻き込まれるような重大事故は、若い人が起こすことが多いようですが、しかし全年代で起きています。あらためて言うまでもなく自動車は元々非常に危険なものなのでしょう。事故というものは、一瞬の・一生に一度きりかもしれないような・本人にさえ信じられないような気の緩みで起こることが多いのではないかと思っています。いくら運動神経が優れていても人間である以上ミスをすることはあります。ただし、市街地・交差点・歩行者がいる、といった条件で徐行し十分注意するといった当然の安全意識でかなり避けられる筈です。この点で年長者やベテランドライバーには一日の長があるのでしょう。ただし気の緩みで路外逸脱し田んぼに落ちたりするのは年代に関わらず一定確率で起こり、その際の死亡率が高齢で高くなっているものと思います。(若ければ助かり高齢なら助からない。)
     ダニング=クルーガー効果、興味深いですね。自身の身体能力に自信のある若い世代の運転手ほど無意識に歩行者を弱者とみなして優越感に酔う認知バイアスに陥りやすいということもありえるかもしれません。

    1. コメントありがとうございます。世界の少子高齢化の先頭を行く日本、幼い子どもたちの命が失われることほど痛ましいことはありません。
      交通事故のニュースのたびに自動運転車だったら、自動ブレーキ車だったらと思ってしまいます。

  2. ワカマツタケオ

    18歳で運転免許試験を受けるように、ある年齢に達したものは認知症試験だけでなく、高齢者運転免許実地試験を受験し合格した者だけが運転できる制度を早急に導入すべしと考える。
    現在の制度はほぼ講習会であり、運転不適格者をはじき出す仕組みになっていない。実際に運転講習ではひどい技量のひとがいるが、こんな人でも免許更新ができ路上でハンドルを握るとは、おそろしいことだ。
    高齢者にとって費用負担となるが、試験で不適格者をあぶりだす制度を施行しない限り、悲惨な高齢者による事故は無くならない。

    1. ワカマツさんご意見ありがとうございます。
      「試験で不適格者をあぶりだす制度を施行しない限り、悲惨な高齢者による事故は無くならない。」とのご意見、私も同感、賛成します。
      「幼い子どもたち」「若い人たち」が高齢ドライバーの操作ミスの犠牲になるのは、どんな理由があろうとも耐えられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です