楽しいダイヤル式携帯電話(Rotary Cell Phone)組立てキット

魅力的なデザインのダイヤル式携帯電話(Rotary Cell Phone)を開発したのは、主に物理、生体医学、環境、エネルギー、国家安全保障に関する技術的な研究をしている米ブルックヘイヴン国立研究所の研究者で、電波天文学やロボット工学が専門のエンジニア Justine Haupt氏です。ダイヤル式電話を知らない世代が増え、スマートフォンが当たり前の時代に、便利で直感的なインタフェースが多くの人の共感を集めています。製作するハードルは高めですが楽しそうです(^^)

Assembly Instructions for the Rotary Cell Phone Kit

Rotary Cell Phoneは、作者によるソフトウェアやファームウェア、CADデータ等をオープンソースで公開しています。しかし、売って欲しいという声があまりに多かったことから、3Dプリンタで出力済みの外装ケースやボタン、カスタムのメイン基板などハードウェア部分は組み立てキットとして販売しています。

作者(Justine Haupt)にとって、どこがスマホや二つ折り携帯より良いのか?
1.いつもかける相手には専用の物理ボタン一つでつながります。画面上のボタンやアイコンを辿って電話アプリを起動する必要はないこと。
2.ダイヤルは毎回使う必要はなく、はじめてこちらから発信するときや音量など、他の操作をするためです。
3.取外し可能な「本物の」アンテナを採用しています。感度は極めて優秀で必要になれば指向性アンテナにも変えられます。
4.信号強度、バッテリー残量はLEDの10段階インジケータで表示します。
5.表示はバッテリーを消耗しない曲がる電子ペーパーディスプレイ。トップは着信番号などの一行表示、背面には電話帳や履歴を表示します。
6.電源は物理スライドスイッチです。即切ったり入れたりできます。
7.機能や表示を変えたいときは、自分で変更できます。

Justine Haupt氏は、オープンソースのダイヤル式携帯電話が多くの人の話題となり、興味を持っていることに驚いたそうです。YouTubeはダイヤル式携帯電話(Rotary Cell Phone)の組み立て方を説明しています。現在、4G回線に対応し、より大きな電子ペーパーディスプレイを搭載した「Rotary 2」を製作中です。完成後には、現在よりも簡単に製作可能なキットの販売も予定しています。9月に発売、楽しみです(^^)

Open Source Portable Wireless Electronic Digital Rotary Telephone / Justine Haupt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です