Glass Enterprise Edition 2

法人向けGoogle Glassが性能を向上させて999ドル

5月20日、Googleは AR機能搭載のメガネ型コンピュータ「Google Glass」の新モデルを発表しました。新しいモデル「Glass Enterprise Edition 2」は、先代からデザインやスペックを大幅に改善して、価格は1,500ドルから999ドル(約11万円)に値下げしています。一般には販売せず、興味のある企業はパートナー企業から購入できます。

Glass-Enterprise-Edition-2

Glass Enterprise Edition 2 / Google

Google Glassの一般向けモデルは、2015年に販売終了になっています。法人向け(Enterprise Edition)は、2014年から開発しています。

主なスペックは、プロセッサがQualcommの「Snapdragon 710」から AIエンジン搭載SoCで AR/VRに特化した高速の「Snapdragon XR1」になり、またメモリ/ストレージは2GB/16GBから3GB/32GBに増強しています。ディスプレイ解像度は同じ640×360ピクセルですが、カメラは500万画素から800万画素にアップグレードしています。

ネットワークは802.11acとBluetooth 5をサポート、バッテリーは820mAh(先代は780mAh)で充電ポートがType-Cになったので急速充電に対応します。1度の充電で約8時間の利用が可能です。重さは46グラムです。

OSとして「Android 8 Oreo」を搭載しているので、既存のサービスやAPIを簡単に統合できるとしています。また、「Android Enterprise Mobile Device Management」をサポートします。

Glass Enterprise Edition 2

Glass Enterprise Edition 2 / Google

Google Glassは、これまで、米Alphabetの“ムーンショット”部門であるXプロジェクトでしたが、GoogleのAR/VRチームに統合されます。

「Google Glass」と「Android」「Google Assistant」などのエコシステムは魅力的です。医療機関、災害救助、メンテナンス、サービス提供など、私たちの日常業務に統合してみると面白いですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です