生きる感覚を求めた代償を描くCGアニメ:The Bolt Connection

ロボットマフィアの運転手であった虚弱なロボットが、偶然にも略奪品である「人間の心臓」を所持することになります。彼は心臓を自分自身に移植し、生きているという感覚に目覚めます。しかし、これらの短い歓喜の時間には代償がありました・・・。

The Bolt Connection / TheBoltConnection

このCG作品の主題は「生きていると感じたい衝動」です。人間も常に感じたい欲求ですが、主人公のロボットにも同じ目的と依存症を与えています。この作品テーマが、レトロな作風のロボットギャング映画に普遍性を与えています。

The Bolt Connection / TheBoltConnection

この3DCGアニメーションは、フランスのSupinfocom Valenciennesの卒業生6人が制作しました。監督はニコラス・レバス、マチルド・ドーディ、モーリン・レサーフ、シーフイ・パン、クレア・カルティエ、ティボー・グルネンベルガーです。

Staff Pick Premiereでは、ニコラス・レバス監督に野心的な学生プロジェクトがどのようにまとめられたかを聞いています。

The Bolt Connection from TheBoltConnection on Vimeo.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です