コンテンツへスキップ

知里幸恵さん没後100年「知里幸恵 銀のしずく記念館」

「知里幸恵 銀のしずく記念館」は、「アイヌ神謡集」の著者である知里幸恵(ちりゆきえ)の記念館です。一般の募金により2010年の秋に北海道登別市に開館しました。運営は NPO法人知里森舎(ちりしんしゃ)です。19歳で亡くなった知里幸恵の日記や日誌、「アイヌ神謡集」の基礎原稿となった自筆の「知里幸恵ノート」(複製1~4)、写真、金田一京助や両親との書簡、葉書など貴重な資料、遺品が展示されています。

A picture of Yukie Chiri, left, with her aunt Imekanu / Wikipedia

知里幸恵(1903-22)の没後100年を迎え、アイヌ民族の同胞への思いをつづった「アイヌ神謡集」の序文に当たる「序」の翻訳が世界28言語に達しました。「序」の翻訳については、昨年3月まではドイツ語やベトナム語など12言語でした。その後、共感した留学生や研究者、記念館の訪問者らがボランティアで翻訳し、ポルトガル語、スワヒリ語、ギリシャ語、ヒンディー語など16言語が加わっています。3月1日からこの各国語訳の「アイヌ神謡集 序文」を紹介する企画展を開催します。

知里幸恵は現在の登別市で生まれ、6歳の頃から両親と離れて旭川市で過ごし19歳の若さで亡くなりました。幸恵が生まれ育った家は、61年前に父親が亡くなった後に取り壊され、正確な場所が分からなくなっていました。昨年12月に記念館のスタッフが、親族への聞き取りなどをもとに調査し、記念館の近くにある森で住宅の柱を支える石などが見つかり、幸恵が暮らした家である可能性が高いことが分かりました。記念館は今後の活用を検討するそうです。

素晴らしいドキュメンタリー「銀の滴~知里幸恵の生涯~」です。知里幸恵さんのめいで「知里幸恵 銀のしずく記念館」の館長を務めた「横山(知里)むつみ」さんも出演しています。ぜひ観て下さい。

知里幸恵 銀のしずく記念館 / Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください