米シカゴの地下交通システム Loop(The Boring Company)

シカゴ・オヘア国際空港の再開発に伴う、空港から市の中心部に至る新たな高速交通機関の整備計画候補に、イーロン・マスク率いる The Boring Company(TBC)の地下交通システムのコンセプト「Loop」が選ばれました。実現すれば最高速度約240km/hで走行、空港からシカゴの中心地までの約24kmを12分で結びます。

Electric skates / The Boring Company

オヘア国際空港は、シカゴ郊外にある4組の平行滑走路計8本の滑走路を持つ巨大空港(2005年まで離着陸回数が世界一)で、市街地との高速交通システムは大きな課題となっていました。この Loopは空港とシカゴのダウンタウン間の既存交通システムより3〜4倍高速です。

運賃(20〜25ドル)は確定していませんが、タクシーの典型的な価格の半分以下ですが、ブルーライン(地下鉄)より高いです。Electric skatesには冷暖房設備、荷物置き場、Wi-Fiが備わっています。定員は8~16人として各ステーションを30秒ごとに頻繁に離れ、そして毎日20時間、毎日運行されます。

マスク氏は、シカゴのトンネルは直径14フィート(4.27m)、すなわち典型的なトンネルの約半分の大きさであること、同社のボーリングマシンは3倍のパワーを持っていることで、従来よりも少なくとも14倍速くトンネルを建設できるとしています。そして、TBCは10億ドル(約1,106億円)ともいわれる開発・建設費用を全額負担して、運行や管理維持までをすべて受け持つとしています。Forbesによれば、マスク氏(Elon Musk)の資産は約200億ドル(約2兆2,000億円)で21位です。

ただ、TBCはカリフォルニア州では最初のテストトンネルを掘り起こしており、Electric skatesは、まだ一般向けにテストされていません。

The Chicago Express Loop / The Boring Company

The Boring Company from The Boring Company on Vimeo.

Loop is a high-speed underground public transportation system in which passengers are transported on autonomous electric skates traveling at 125-150 miles per hour. Electric skates will carry between 8 and 16 passengers (mass transit), or a single passenger vehicle.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください