聴覚障害の配達員に感謝を手話で伝えたかった少女

英国のグレーター・マンチェスターに住むエイミー・ロバーツ(Amy Roberts)さんの8歳の娘タルーラ(Tallulah)ちゃんが、庭の門の近くに立って、聴覚障害をもつティム・ジョセフ(Tim Joseph)さんに手話で「おはようございます。良い一日を」と伝えています。数週間前、耳が不自由なジョセフ氏は小包を配達するときに手話サインで挨拶します。それを見ていたタルーラちゃんが真似するようになり、ついに、正しく理解して「おはようございます。良い一日を」と挨拶ができるようになりました(^^)

they have built up quite a friendship over these last few weeks / @mummybear1903

ジョセフ氏はBBCに対して「ある日、タルーラちゃんは私が耳が聞こえないことに気づき、彼女が私に手話サインをしたときは驚きました。」と語ります。そして、タルーラちゃんに「おはようございます、良い一日を」との挨拶を教えましたが、「とても嬉しい一日になりました。」と語っています。

また、ジョセフ氏はソーシャルメディアの反応に圧倒されてしまったと言い、「この短い動画が多くの人々に手話を学ぶよう促すことを期待しています。」と述べています。ロックダウン中における、ジョセフさんとタルーラちゃんの手話による微笑ましい交流とエピソードは、SNSで拡散され素敵な思いやりとして話題になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です