2018年チューリング賞にディープラーニング革命の父たち

3月27日、コンピュータ科学分野の国際学会 Association for Computing Machinery(ACM)は、2018年度のチューリング賞受賞者を発表しました。「ディープラーニング革命の父たち」として、カナダのモントリオール大学教授ヨシュア・ベンジオ(Yoshua Bengio)氏(55)、カナダのトロント大学教授で、Googleのエンジニアリングフェローも務めるジェフリー・ヒントン(Geoffrey Hinton)博士(71)、米ニューヨーク大学教授で FacebookのAIラボ所長でもあるヤン・ルカン(Yann LeCun)博士(58)の3人に授与します。

左から、ヨシュア・ベンジオ氏、ジェフリー・ヒントン氏、ヤン・ルカン氏 / ACM(Facebook)

ACMチューリング賞(ACM A.M. Turing Award)は、コンピュータ科学におけるノーベル賞と広く認識されています。「チューリング」の名はアラン・チューリングの名にちなみ、Googleの後援により受賞者には100万ドルが贈られます。

受賞する3人が1990年代と2000年代に開発したディープラーニング基盤技術は、近年になって物体、画像認識や音声認識といった分野で大きな注目を集め、自動運転車や自動医療診断、顔認証など、さまざまなAI技術分野で活用されています。

3人は、個別に、時には互いに協力し合ってディープラーニング分野の概念的な基盤を構築し、実験を通じて驚くべき現象を特定し、ディープニューラルネットワークの実用的なメリットを実証するエンジニアリングの進歩に貢献したことが表彰理由として述べられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です