コンテンツへスキップ
Civil War

A24製作のアレックス・ガーランド監督映画「Civil War」が注目

4月26日公開の映画「Civil War」が面白そうです。面白かった映画「エクス・マキナ」のアレックス・ガーランド監督が脚本も担当しA24が製作しています。タイトルは内戦を意味し、2024年が米国の大統領選挙の年であることや、世界各地で「分断」が進行している現実から、映画の「不穏な内容」が話題になっています。

Civil War
Civil War : Two soldiers are positioned on the Statue of Liberty’s torch. / Facebook

「Civil War」の詳細なプロットは明らかにされていません。米国50州のうち計19州が合衆国からの離脱を宣言し、テキサス州とフロリダ州、そしてカリフォルニア州では・・・。不穏な反体制派の勢力が結成され、「分断の危機」に直面したホワイトハウスが沈静化を目指して、軍隊を出動させ、米軍が米国を攻撃している内戦のカオスを描いた「衝撃の問題作」のようです。(CIA Flash

終始不穏な雰囲気が漂う予告編では、「ホワイトハウスは西海岸勢力とフロリダ同盟に対して警告を発した」「大統領が”暴動には迅速に対処する”と約束」といったニュース音声が流れ、武装した男たちの銃撃戦などが映し出されています。米国全体を巻き込んだ「内戦」が急速に激化する中で、内戦の取材しているジャーナリスト・チームが巻き込まれていきます。

Civil War | Official Trailer HD | A24

内戦を取材するジャーナリスト役で主演に位置づけられるキルスティン・ダンストが、私生活では夫のジェシー・プレモンス扮する「白人至上主義」の「間違った愛国者」らしい武装した「X(Twitter)系」、つまり「右寄り」の人物がケイリー・スペニーちゃんを処刑しようとしています。

ヴァグネル・モウラが止めに入ろうと・・・。「どうやら誤解しているようだが、俺たちみんな同じ米国人じゃないか」と言うのに対して、プレモンスが「よかろう、しかし、お前ら、どういう類いの米国人なんだよ?」などと冷淡に言い返します。(CIA Flashから

  • Civil War(IMDb) Ratings:
    Civil War is scheduled to be released in the United States by A24 on April 26, 2024.

「エクス・マキナ」のアレックス・ガーランド監督が、新年2024年は大統領選挙のアメリカが現実に直面している不確定な直近未来の “ 分断の恐怖 ” を描いた大人向け SF 寓話の必見の政治アクション映画の問題作「シビル・ウォー」は政治的に濃厚の危険のため、CIA では深入りを回避したいと思いますが、初公開の予告編をぜひ、ご覧ください ! !(CIA Flash)

魅力的な映画 エクス・マキナ(Ex Machina)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください