BMWの色が変わる未来的ボディは楽しい(BMW iX Flow)

1月5日、BMWはラスベガス開催の CES 2022で、ボディの色合いを変化させるコンセプトカー「BMW iX Flow Featuring E Ink」を公開しました。ボディ表面に電子ペーパー(e-Paper)に使われる電子インク技術(E Ink)が採用されています。E Inkは色を変化させる時だけ電力を必要とするバイステーブル技術のため、発色が一定で超低消費電力です。天候に合わせて色あいを変更し、エアコンの電力消費を抑えて走行距離を伸ばすことができるとしています。

BMW iX Flow Featuring E Ink (prototype not on sale) / BMW

電子書籍リーダーで使用されるディスプレイで最もよく知られている E Inkですが、車体表面には数百万の人間の髪の毛の直径に相当するマイクロカプセル(ペイントカプセル)が含まれています。

車体表面に小さな幾何学デザインの e-Paperを正確に配置する必要があります。e-Paperが車両の特徴的な輪郭と、結果として生じる光と影の変化を確実に反映するように実装されます。デザイン・アルゴリズムにより e-Paperを車両のデザインラインに正確に合わせるために必要な、成形性と柔軟性を実現しています。

BMW iX Flow Featuring E Ink (prototype not on sale) / BMW

BMWでは、車のインテリアをデジタル技術と連携させ、最適化する取り組みをすでに提供しています。これを外装にまで発展させる取り組みが E Inkの採用です。ボタン一つで外装と内装の両方を、好みに応じてカスタマイズできる技術として開発を進めていくそうです。

クルマの外装もファッションやSNSでのアピールなどと同様に、日常生活のさまざまな気分や状況を表現するものになるとしています。映画ではクルマの外装を素早く変えて逃走するシーンが良くあります。白黒だけでなくスマホの壁紙のように変わる未来ボディは楽しそうです(^^)

BMW iX Flow Featuring E Ink (prototype not on sale) / BMW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)