コンテンツへスキップ

H.R.ギーガーとAlien(エイリアン)

  • Movie

映画Alien(エイリアン)は、リドリー・スコット監督、ダン・オバノン脚本の1979年のSFホラー映画です。航行中の大型宇宙船(ノストロモ号)という閉鎖空間の中で異星生物(エイリアン)に襲われる乗組員の恐怖と葛藤を描きます。エイリアンのデザインは、現代シュールリアリズムの鬼才であるH.R.ギーガーによるものです。

Alien / annabellaphoto

リドリー・スコット監督やシガニー・ウィーバーさんの出世作であると共に、SFゴシックホラーの古典として知られ、続編やスピンオフが多数製作されています。

観た瞬間に生理的に衝撃を受けるような恐ろしい「エイリアン」のデザインは、どの様なことから創造されてきたのでしょうか。

動物の骨格や昆虫、ヌルヌルしたもの、形状的に気味の悪いものなどを組み合わせただけなのでしょうか?

私には、視覚だけでなく聴覚、触覚、味覚、嗅覚などの五感や、心理的な恐怖、狂気、欲望、怨念、怒り、肉欲、破壊、暴力、悪魔、夢、飢餓、虚無、絶望などが表現されているように思えます。

ハンス・ルーディ・ギーガー氏は1940年、スイスの山間の町クールで生まれた。「私は母親の胎内から外に出るのが怖かった」「ひどく難産の子だった。胎内から離れたくなかったのだ、と母は話してくれた」と、ギーガー氏は語っています。
(WIRED VISIONから)

H.R.ギーガー氏のYouTube動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください