Hello World, Hello MIT. 新たな人工知能(AI)研究の中心を創設

2月28日、米マサチューセッツ工科大学(MIT)は新たなカレッジ(学部)の開設を祝うイベント(Hello World,Hello MIT.)を開催しました。 新設されるスティーブン・アレン・シュワルツマン・コンピューティング・カレッジには、AI研究の学際ハブ創設を目指して10億ドル(約1,110億円)の資金が投じられます。うち3億5000万ドル(約390億円)を寄付する投資会社ブラックストーンのシュワルツマン(Stephen A. Schwarzman)共同創業者兼CEOは、 MITのラファエル・リーフ(L. Rafael Reif)学長との対談の中で、中国が国を挙げて取り組むAI戦略に対して、米国の競争力を高めるのが資金を提供する主な理由だと述べています。

(L-R) Stephen A. Schwarzman and MIT president L. Rafael Reif in a conversation moderated by Becky Quick of CNBC

リーフMIT学長は「機械に何かを教え込むためには膨大なデータが要るというのが、現在の技術水準です。しかし、最新の技術水準は、研究によって変化するものです」、そして「私たちは脳がどのように学習するかを調べることで、現在の技術水準を生み出しました。今度はその技術を使って、脳が学習する仕組みを(さらに)研究することができます」と述べています。

さらに「人間の脳そのものが学習のために必要とするデータ量はさほど多くはありません。脳が学習する過程を詳しく理解すればするほど、新たなアルゴリズムでその仕組みをより緻密に模倣することが可能になるだろう。」と語ります。

Hello World. Hello MIT: A Celebration of the MIT Stephen A. Schwarzman College of Computing

MIT Schwarzman College of Computingの創立により、「MITは社会を根本的に変革する態勢を整えた技術の責任ある倫理的進化における重要な国際的プレーヤーとしての地位を強化しようとしています。急速に進化している地政学的環境の中で、技術によって常に再構築されているこの大学は、米国の競争力と安全性に大きな影響を与えるでしょう。」と、その意義を強調しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です