SONYが初の自動運転車で日本のデジタルを牽引

SONYは、CES2020で自動運転のコンセプトモデル「VISION-S」を発表しました。SONYにとって初となるEVは、自動運転と「Safety Cocoon」コンセプト、そして映像、音楽などの車内エンタテインメントの機能が盛り込まれています。出力200kWのモーター2つによって4輪を駆動させ、最高時速は約240km、停止状態から時速100kmまで4.8秒で加速します。これが SONYとして初めてのクルマです。

VISION-S Prototype / SONY

社長兼最高経営責任者(CEO)の吉田憲一郎は「わたしたちはモビリティの未来に対する貢献を、さらに加速させていきます」と語り、「自動車部品サプライヤーであるマグナの協力を得てVISION-Sをつくり上げました。その狙いは、自動車全般についての理解を深めることにある」と述べています。

SONYの得意分野である消費者向けエンタテインメントと、センサー技術を駆使した自動運転と「Safety Cocoon」コンセプトを前面に打ち出しています。この VISION-Sの生産予定はありません。

もっとクルマの常識を問うようなコンセプトと、デザインの「SONY製自動運転車」に乗りたい、興味津々の人は私も含めて多いと思います(^^)

この VISION-Sの内外には、カメラやレーダー、超音波センサー、レーザー光を用いたセンサー LiDAR(ライダー)など、33のセンサーが散りばめられています。半数以上は車両の周囲の監視に使われ、人間の視界や視力を超えた安全や利便性を提供します。

OVAL SENSING / SONY

TOYOTAとSONYは、AI投資で製造業に革命を


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です