コンテンツへスキップ

コンピュータ博物館のThe Walk-Through Computer

ボストンにあったコンピュータ博物館のウォークスルー・コンピュータ(The Walk-Through Computer)展示です。

FH10009

でかい!キーボード

デスクトップ・パソコンの内部構造や、その動作を子どもにも理解しやすいようにしています。

床はプリント基板になっており主要構成部品のプロセッサー、メモリー、ハードディスクなど各部を大きくしています。

CPUは、たたみ2畳くらいの大きさで、ソケットも配線、コネクターもデカいです!

FH10004

2畳くらいのCPU、左後方にHDD

非常にリアルな出来映えです。

床のプリント基板を歩きながらデジタル信号の流れや、コンピュータの構造が理解できます。

触って遊びながらコンピュータの基本構造や計算する動作が分かります。

CPU、HDD、メモリーなどの主要部品やLSIには、テレビ画面の解説付きです。

これなら分かる!面白い!感心しました(^^)

FH10005

でかい!ボード

非常に原理・原則(基本)を分かりやすく、触って体験/遊びながら学習する展示をしています。

子ども達も楽しい勉強は、自分からするようになりますよね(笑い)

The Computer Museum in Boston, Massachusetts was the predecessor institution to the Computer History Museum located in Mountain View, California since 1996. Sadly, the walk-through computer did not move to California with the Computer Museum’s collection, but as you can see from this video, it was a very engaging exhibit.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください