Volkswagenのゲームチェンジャー新型EV「ID.3」

フォルクスワーゲン(Volkswagen: VW)は、欧州で5月8日に開始した新型EVの ID.3(Volkswagen ID.3)の先行予約受注が、受注開始から1日で10,000台を突破したと発表しました。先ずは発売記念車の「1STスペシャルエディション」の先行予約を受け付けていました。この先行予約車は、充実した装備が特徴で、生産台数が30,000台に限定されます。そのため顧客の関心は高く、予想を大幅に上回り登録が中断されることがあるそうです。予約金は1,000ユーロ(約12万4千円)です。

First member of the ID. family is called ID.3 / Volkswagen

通常モデルのラインナップは、バッテリーサイズによって航続可能距離330km/ 420km/ 550km (WLTP)に分かれています。ベースグレードの車両価格は、およそ3万ユーロ(約370万円)です。

「ID.3 1ST」のベースモデルは、人気のミドルグレードで航続距離420kmのバッテリーを搭載。大径ホイールやボイスコントロールとカーナビシステムが含まれます。そのほかにも、運転支援システム「IQ. Light」やツートーンカラーのエクステリア/インテリア、大型パノラマガラスルーフ、HUD(ヘッドアップディスプレイ)などを装備する上級グレードも用意されます。

VWが過去に大ヒットさせた「ビートル」や「ゴルフ」につづく、ベストセラーモデル「ID.3」にしたいとしています。数字が第3世代であることを示しています。ID.3の5ドアハッチバックは、低コスト生産が可能となる新しいモジュール MEBで生産される初のモデルとなります。

他のEVモデルもすぐに続く見込みです。VWは全部で20の電気自動車モデルの展開を計画し。最終目標は2025年までに電気自動車の年間販売台数を100万台にすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です