エシカルジュエリーのデザイナー小幡星子さん(EARTHRISE)

  • Media

株式会社EARTHRISEの代表でエシカルジュエリーのデザイナー小幡星子(おばた しょうこ)さんは、Ethical(エシカル)であることをコンセプトとした会社を2014年に設立しました。「エシカルジュエリーは、人・社会・自然に配慮をして作られるジュエリーで、貴金属や原石を採掘する人、職人、身に付ける人、みんなが喜びや誇りに満ちた生き方を送ることの出来る世界にしたい」と述べています。

セカイプラス -なんとかしなきゃプロジェクト- 柴田紗希がエシカルジュエリーの物語をレポート! / Nantokashinakya

EARTHRISEは、途上国の小規模コミュニティーと協力し合い、フェアトレードの素材を仕入れたり、技術向上のための支援をしたり、彼らの伝統と技術を守りながら、世界屈指の職人たちと共にジュエリーを制作しています。また、途上国の諸問題だけではなく、国内のジュエリー業界においても、フェアな取引、職人技術の継承にも力を入れています。

2016年、小幡星子さんはパキスタンのスワート地区(Swat District)に、史上初となる女性起業の宝石研磨工房を設立しています。マララ・ユスフザイさんが情報を発信した、スワート渓谷の中心都市ミンゴラ(Mingora)です。

EARTHRISE代表の小幡星子さん(2017年1月14日 パキスタン)/ Facebook

「事実は小説よりも奇なり」 各国の諜報機関が暗躍し、武装勢力タリバン、軍、公安、王族、、、 スパイ映画さながらの出来事が日常生活の中で繰り広げられる、不思議な国パキスタン。現地スタッフたちの濃すぎるキャラクターに振り回されながらも、「楽しくポジティブに!」パキスタン起業、研磨工房のこと、現地の出来事などを、面白おかしく、時には真面目に綴っています。小幡星子さんの「破天荒過ぎるパキスタン起業物語」が面白いです(^^)

若者世代が、おしゃれでかっこいいと思えるライフスタイルから国際協力につながる!をテーマにした JICAのセカイプラス「何とかしなきゃ!プロジェクト」の柴田紗希さんが、EARTHRISEを取材、インタビューした動画があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です