コンテンツへスキップ
blank

キューブリック監督 幻のデビュー作「恐怖と欲望」

1953年公開の「恐怖と欲望」は、スタンリー・キューブリック監督が「非情の罠」以前に低予算で自主製作するも、自ら「アマチュアの仕事」として、その出来に不満を抱き、プリントをすべて買い占め、封印してしまった幻のデビュー作の戦争ドラマです。

恐怖と欲望 / Films Sans Frontieres
恐怖と欲望 / Films Sans Frontieres

戦場に取り残された4人の兵隊たちが極限状態に陥り、精神を崩壊させていく姿が描かれています。

敵陣の森に墜落したコービー、マック、シドニー、フレッチャーの4人は、そこで地元の女性に目撃され、敵国に知られることを恐れて女性を木に縛り付けます。

女性の見張をしていたシドニー二等兵は女性に欲情し犯そうとしますが、彼女は彼を振り払って逃げ、敵に知らされることを恐れたシドニーは彼女を射殺してしまいます・・・。

長い間「幻の作品」だったのですが、2011年秋に米国のケーブルテレビTCM局で放映。2012年3月には、ニューヨークのリンカーンセンターで開催された第41回ニューディレクターズ/ニューフィルムズ・シリーズで上映され話題になりました。

映画は、5月3日から全国で公開されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください