コンテンツへスキップ

ケネディ次期駐日米国大使から日本の皆さんへ(YouTube)

11月12日にオバマ大統領の前で宣誓就任式を終えたキャロライン・ケネディ次期駐日­米国大使。ニューヨークの自宅から日本の皆さんに自己紹介しています。

以下は米国大使館に掲載の日本語文書です。

父とヨット「Honey Fitz」に乗るキャロライン( マサチューセッツハイアニス港, 1963年8月)

父とヨット「Honey Fitz」に乗るキャロライン( マサチューセッツハイアニス港, 1963年8月)/ Wikipedia

こんにちは、キャロライン・ケネディです。ニューヨークのわが家にようこそ。

オバマ大統領から駐日米国大使への指名を受け、とても光栄に思います。公務に尽くす家庭に育った私は、真剣な取り組み、対話、協力を通じ、困難を解決しようと力を合わせる人々の姿を見てきました。これは私の人生の目標でもあります。

大使として私は、日米の緊密な友好関係、戦略的同盟、経済的パートナーシップを発展させていきます。幸運にも私は、日本という美しい国の歴史と文化を学び、日本を訪問したこともあります。

20歳のとき、叔父のエドワード・ケネディ上院議員と供に広島へ行きました。そしてそれをきっかけに、より良い平和な世界の実現に貢献したいと切に願うようになりました。その後、新婚旅行で夫のエドと共に奈良と京都を訪れました。

それ以来、日米両国民が共通の価値観で結ばれているのを実際にこの目で見てきました。私たちは自由、人権、法の支配を守る決意を共有しています。大使としての私の目標は、長年培ってきた互いへの敬意と緊密な協力関係を強化することです。日本についての理解を深め、新しい友人をつくることを楽しみにしています。

作家、教育者、弁護士、そして母親として私が学んだのは、自分自身の人生では私たちは皆、教師であり、生徒でもあるということです。そして互いに助け合えば、私たちは世界を変えることができます。エドと私は、このことを3人の子どもたち、ローズ、タチアナ、ジャックに伝えようとしてきました、

私は、米国の最も重要な同盟国であり最も緊密な友好国のひとつである日本で、米国を代表する貴重な機会に恵まれました。日米はこれまで力を合わせて、世界のために貢献してきました。これからも共に貢献していきましょう。

ありがとうございました。日本でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください