オス猫の好意が招いた悲劇的な結末とは(Catastrophe)

猫が小鳥を狙うことは常識のようになっています。しかし、この短編アニメーション映画カタストロフィ(Catastrophe)では、かわいいメスの小鳥(インコ)に好意をよせるトボけたオレンジ色のオス猫が主人公です。インコが倒れたのを必死に助けようとして悲劇のドミノ倒し、大惨事になってしまいます。最後は・・・。子どもから大人まで楽しめる2分15秒の面白い作品です(^^)

Catastrophe / keplerfilm.

この短編アニメのシナリオと監督は、アムステルダム出身の Jamille van Wijngaardenさんです。彼女は実写のストーリーテリングをアニメーションの世界に持ち込みたいと思ったそうです。

短編のカタストロフィ(Catastrophe)では、「2分15秒以内に面白いドラマティックなストーリーを語ること」を目的にしたと述べています。「素晴らしい映画は、すべて素晴らしいストーリーから始まります。」と語り、いまは初の長編映画に取組んでいます。

アニメーションを製作したプロダクションは Derk-Jan Warrink と Koji Nelissenさんが2016年に設立した「keplerfilm.」です。オランダのアムステルダムを活動拠点としています。

Catastrophe from keplerfilm. on Vimeo.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です