タイムマシン経営の終焉

First edition cover / Wikipedia

First edition cover / Wikipedia

戦後から1970年代まで「もの創り日本」の当初は、自動車、コンピュータ、電機機器など、あらゆる機器を分解してコピーし、改良して高性能化したりコストダウンして日本マーケットに適応させて来ました。当時はアメリカに10〜15年くらい遅れだったので、情報を握っていたところ(総合商社など)が、いち早くビジネスにできたのです。

高度成長期には、テレビ番組やファッション、デザイン、食品など、いろいろな分野の人からも「アメリカで流行したものを日本でやる」「2番手を目指す」など、よく聞いた台詞ですね(^^)Yahooをはじめ、ネットビジネスも同じ経過を辿っています。

「タイムマシン経営」は、ソフトバンクの孫さんがネットバブルの頃に唱えていたキーワード。アメリカの最先端事例をコピーして日本にすぐに持ってくれば、アメリカと日本には数年の時差があるのでそれによってあたかもタイムマシンで未来からサービスを持ってきたかのごとく、サービスを成功させることができるというコンセプト。

下記のTechWaveのレポートに掲載されていたUstream配信のアーカイブ。そのパネルセッションで出たgumiの国光さんの発言「もう日本でタイムマシン経営は無理」という。

Video streaming by Ustream

昔から日本オリジナルは、たくさんあったのです。高度成長過程で、価値観がしだいに傾斜(中央集権化)、高尚な文化?は残して映画をはじめ大衆文化などは、低級、くだらない、役に立たない、儲からないとして切り捨てたものが多かったように思います。

世界の多様な文化や、価値観を評価して取り込み昇華しながら、さらなる日本オリジナルを創り出し、発展させてビジネス化する社会的な仕組み(教育を含めたインキュベーション、金融、分権化など)にチェンジすべきですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です