ニューヨークで唯一の女性寿司職人はアーティスト

Oona Tempestさんは、もともとアーティストになることを夢見ていて、ニューヨークのアートスクールを卒業しました。彼女の好きなテーマは「魚」でした。たまたま寿司屋「Tanoshi Sushi」で働いていた友人に交代してほしいと頼まれ、そこで、テンペストさんは「寿司の魅力」にハマったそうです。そして、熟練寿司職人のオグマ・トシオ(Toshio Oguma)さんに弟子入りしています。(2015 Munchies / YouTube)

テンペストさんは、2016年にわずか23歳で30歳未満のザガット・サーベイZagat)のTop30に入るシェフに選ばれています。伝統的な「寿司の世界」で自分の場所を追求し、ユニークな世界と食体験をニューヨーカーにもたらしています。(Vimeo)

One Woman – Oona / Matthew James Reilly

師匠のオグマ・トシオさんは「修行時代、体で覚えさせられた。殴ったり蹴ったり。ここでは同じことはしない。仕事に愛情を持って欲しいとお願いしてる」、そして「教えられた哲学は真心だった。常に美味しい料理が出せなくても、お客さんが来たら笑顔で迎える。真心の無い人間に美味しい料理は作れない。それが俺の哲学でもある」と、テンペストさんにも教えたそうです。

テンペストさんは「寿司職人になる決心をする前は、日本に行って翻訳の仕事をするつもりだった。寿司に夢中になった理由は味じゃない。フィーリングだった。手触り、温度、ご飯とのコンビネーション。あの感覚をもう一度味わいたいと思ったのを覚えてる」そうです。(2015 Munchies / YouTube)

日本の伝統的な「寿司の世界」は、古くから女性を排除してきました。いま、女性であるテンペストさんは一生「寿司の世界」と「創造性」を追求する覚悟です。多様性と異文化が交錯して「寿司の世界」を飛躍させます。

One Woman – Oona from Matthew James Reilly on Vimeo.

“ニューヨークで唯一の女性寿司職人はアーティスト” に 1 件のコメント

  1. ファイナルたかし(半分本名)

    みんなおいしそうに食べてるな!
    こういう素晴らしいものを見れただけでも良かった。
    オレが探していたものは、有りもしないものではなかった。
    世界のどっかに、ちゃんとあった。
    ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください