8月21日、ミレニアル向けのコストコ(Costco)と呼ばれる、米国のオンラインまとめ買い通販サイトBoxed(Boxed.com)は、1億1100万ドルを資金調達したと発表しました。このラウンドをリードしたのは、日本の小売大手イオンです。イオンは、Boxedへの投資によって、物流やロボット、データ分析に関する情報を共有し、デジタルシフトを加速させたいと述べています。Boxedは新たに調達した現金を、注文に応じるロボティクス・チームを設立し、社内の物流サービスを拡充させるために使うと言うことです。

Boxed Brings Automation To The Shipping Process / TechCrunch

Boxedは、2013年に優秀なエンジニアたちがシンプルな理念/アイデアを持って結成された会社です。そのアイデアとは、大量の商品を買う「卸売」を簡単に、便利に、楽しくすることでした。現在このアイデアの元にして作られたシステムを運用し、世界に商品を届けています。

米スーパー大手クローガー(Kroger)は、英ネットスーパー大手オカド(Ocado)と提携し、食料雑貨50品をわずか数分で梱包できる最先端ロボット倉庫の建設を目指しています。この提携によりオカドは、米国のスーパー業界の未来を左右する強大な力を手にすることになります。そしてクローガーも、アマゾンと戦うための強力な援軍を手に入れています。

Inside A Warehouse Where Thousands Of Robots Pack Groceries / Tech Insider

日本のネットスーパー(和製語)は、既存のスーパーマーケット数社が実施していますが、各社とも利益が出ていないのが現状です。世界ではアマゾンと戦う武器として「最先端ロボット倉庫」を開発しています。独自のAIとロボットの開発、そしてアマゾンより先進的で、さらなる効率化と時間の節約を目指しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください