ブリザードに耐えるウサギ( Big Picture 2020 Grand Prize)

BigPicture:Natural World Photography Competition は今年7年目を迎えます。世界中の写真愛好家やプロカメラマンが参加して、地球上の生命の豊かな多様性を保護・保全する写真コンテストです。2020年の大賞を受賞した Andy Parkinson(アンディ・パーキンソン)さんの作品、ブリザードに耐えるウサギの写真(Hare Ball)は、厳しい自然と愛おしい生命が感じられて素晴らしいですね(^^)

BigPicture Natural World Photography Competition / https://www.bigpicturecompetition.org/

以前、ミニウサギ(ルピちゃん)を飼っていたこともあって、他の動物よりちょっとひいき目に観てしまいます(^^)

身を隠すものがない雪原で突然のブリザード、体をまるめて体温の低下を防ぎます。ウサギの体毛には吹雪によって「薄氷の殻」ができています。厳しい自然の中で息づく愛おしい命が表現されています。

パーキンソンさんは英国ダービーシャー州に居住、彼の写真はすべての野生生物写真コンテストで取り上げられています。ヨーロッパで最も多い受賞歴があり、50を超える個別受賞があります。

Grand Prize 2020 Winner! Andy Parkinson (Images of Wild Nature by Andrew Parkinson) has spent over 15 years documenting Scotland’s mountain hares. After hours in the brutal cold, he captured this image of a hare, curled up with a shell of ice forming on its fur.

2020年の大賞作品「Hare Ball」について、動画でパーキンソンさんが語っています。真っ白な雪原を動き回る可愛い野ウサギ、この写真が撮影された吹雪と幸運だった撮影条件などが述べられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です