コンテンツへスキップ

ベトナムに全長632m世界最長のガラス橋バクロンが開通

  • Media

4月30日にベトナムのソンラ省モックチャウ(Mộc Châu)のリゾート複合施設に、世界最長(632m)となるガラス張りの歩行者専用橋バクロン(Bach Long)が開通しました。中国・広東省にある526mの橋を上回り、5月中にオープニングセレモニーの開催に合わせてギネス世界記録の認定審査を受ける予定です。最も高い部分で地上150mあるバクロン(白竜を意味する)は、観光客の冒険心をそそること間違いないようです(^^)

Mộc Châu Island / Facebook

全長632m、地上150m、幅2.4mの橋げたの表面にはフランスのサンゴバン社製の厚さ40mm強化ガラスを3層構造にして使用しています。旅行者の体験を盛り上げる照明とサウンドシステムもインストールされているようです。もちろん安全性に関しては厳密に計算、テストを重ね、強度も十分に評価されているそうです。

一度に数千人が渡れるほどの強度がありますが、定員は約500人に制限しています。橋の上では一方向にのみ進めるようになっており、正式運用開始後は顔認識システムと機械による人数制限を行うとしています。チケット価格は休日料金で大人は65万VND(約3,700円)、子供は45万VND(約2,600円)。地域住民、学生、平日利用などの割引価格もあるようです

バクロン橋の開通に伴い、電気、照明システム、環境衛生への投資、セキュリティ及び環境の保護を担うワーキンググループの設立など、地域を挙げての準備が積極的に行われているようです。地域の観光需要拡大のためにも、チケット価格については再検討の必要性が叫ばれています。

4月30日から一般観光客向けにオープンしていますが、モックチャウ観光チームが開業前に体験したときの動画があります。

Nur für Wagemutige: Neue Glasbodenbrücke in Vietnam | AFP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)