レゴ(LEGO)のイノベーション、成長する企業とは

米国ではレゴ(LEGO)の映画「LEGO Movie」が、2月7日から公開されます。

くもりときどきミートボール」のフィル・ロード&クリス­トファー・ミラーが監督&脚本を担当、LEGO®ブロックの世界観に基づきストーリー­が展開。映画では、複数の新しいキャラクターを紹介しつつ、LEGO®ワールドでも特­に人気のフィギュアが登場します。

sigfigcreator.thelegomovie.com

sigfigcreator.thelegomovie.com

日本では3月21日(金/祝日)から全国公開、2D・3D同時上映です。

レゴ社は、デンマークのビルンにオーレ・キアク・クリスチャンセンが作った木工所から始まっています。現在は、世界第2位の玩具メーカーに成長していますが、1998年から2004年までの7年間に4度も赤字を計上。売上高は2003年に30%減少し、2004年にはさらに10%減少、利益率はマイナス30%にも達して倒産寸前まで落ち込みました。

近年、レゴ社の事業再生、経営戦略が注目されています。そのイノベーションは下記記事へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です