世界初、中国の探査機(嫦娥4号)が「月の裏側」着陸

1月3日午前10時26分、中国の無人月探査機「嫦娥(じょうが)4号」が、世界で初めて月の裏側に着陸しました。月の裏側は地球から直接見えず、地下構造などにも未解明な点が多くあります。着陸地点に露出するマントル由来の物質を全て調べることが、嫦娥4号計画の目的の1つです。これにより、月の内部構造と歴史に関する知見が得られるとされます。

嫦娥四号着陆器监视相机C拍摄的“玉兔二号”巡视器走上月面影像图 / 中国国家航天局

月の裏側は長年、電波天文学の特定分野について研究するのに理想の場所とみなされてきました。特に、低周波帯の電波観測については地球の電波雑音から守られているためということです。中国国家航天局の刘彤杰氏は「月の裏側は地球からの電磁気的干渉から守られているため、宇宙環境や太陽バーストを研究するのに理想の場所だ。調査は、宇宙のより深い範囲を『聞ける』だろう」と述べています。地球では決してできなかったやり方で、宇宙現象の研究を可能にするそうです。

嫦娥計画(じょうがけいかく、中国語: 嫦娥工程、英語: Chang’e program)は、中華人民共和国が国家的プロジェクトとして推進している月探査計画です。将来的には有人による長期滞在を目指しています。「嫦娥」とは、中国で月にちなむ女神のことです。中国政府にとって月探査を含む宇宙開発は、科学技術を向上させ、人工衛星打ち上げや宇宙旅行といったビジネスの獲得、加えて国威発揚などの影響をもたらすとされます。

一张图了解嫦娥大家族 / 中国国家航天局(CNSA)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です