コンテンツへスキップ

世界初のベーシックインカム制度を導入する国家へ

フィンランドが国民全員に非課税で1カ月800ユーロ(約11万円)のベーシックインカムを支給する方向で最終調整作業に入ったことがわかったそうです。

ベーシックインカム支給に要する総予算は、522億ユーロ(約7兆円)にも及ぶこになりますが、支給と共に政府による他の全ての社会福祉支給が停止となる予定になっています。フィンランド政府は複雑化した社会福祉制度をベーシックインカムに一本化することにより、間接的な費用の支出を抑えられることになります。

flower-power / Miemo Penttinen

flower-power (Parliament of Finland) / Miemo Penttinen

フィンランドは、「民主主義の質」で世界第2位です。

国会議事堂の写真ですが、美しい花壇に囲まれた国家の最高権威機関は、世界の中でも稀ではないでしょうか(^^)

最近行われた世論調査では、フィンランド国民全体の約69%が導入に賛成の意見表明を行っており、現状のままで世論動向が推移した場合には、フィンランドは世界で初めて、ベーシックインカム制度を導入する国家となることになります。

ベーシックインカム制度導入の最終決定は、2016年11月までに行われることとなる見通しです。オランダもベーシックインカム制度導入のための試験制度を来年から導入することを既に決定しています。

フィンランドは国際競争力の高さや、教育制度、男女同権思想も注目されています、2014年のOECDの「フィンランドレビュー」では「世界で最も競争的であり、かつ市民は人生に満足している国の一つである」と報告されています。OECD BetteLife Indexの多軸評価において、フィンランドはすべての点でOECD平均を上回っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください