史上最大のトリケラトプス化石「恋」に落ちて9億円で落札

10月21日、これまで発掘された草食恐竜トリケラトプスの化石で、史上最大の骨格標本ビッグ・ジョン(愛称)がパリで競売に掛けられ、米国の個人収集家により660万ユーロ(約8億7,000万円)で落札されました。競売大手ドゥルオー(Drouot)による予想額の150万ユーロ(約2億円)を大幅に上回り、落札者はビッグ・ジョンを見て「恋」に落ちたと語っています(^^)

Triceratops vs Tyrannosaurus rex / Wikipdia

化石(ビッグ・ジョン)は、最後の恐竜時代である白亜紀後期に生息し、今から約6,600万年前のもので全長は8メートルに上ります。2014年に米サウスダコタ州のヘルクリーク累層で発掘されました。

ビッグ・ジョンは泥に埋もれて死んだため保存状態が極めて良く、骨格の60%が発掘されてイタリアに運ばれました。専門家が200以上の骨を組み合わせて復元したということです。

今回の落札価格は、博物館にはとうてい手が届かないものでした。コレクターの代理人は記者団に対し、「ビッグ・ジョンを手に入れ、人々が見て楽しめるように展示できることにわくわくしている」と話していることから、なんらかの形で展示される可能性があります(^^)

Triceratops Skeleton Sold at Paris Auction For Over $7 Million to American Collector / NBC News

最大のトリケラトプスの骨格としてギネス世界記録によって承認されています。前例のない大きさの角(1.1メートル)を持ち、頭蓋骨の幅は2メートル、頭蓋底の長さ、つまり鼻先と頭が体に付着する場所との間の距離は1.55メートルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です