国後島の真実を描くドキュメンタリー映画「クナシリ」

北方領土の国後島(Kunashir)のドキュメンタリー映画「クナシリ」が、12月4日から公開されます。旧ソ連(現ベラルーシ)出身で、現在はフランスを拠点とするウラジーミル・コズロフ(Vladimir Kozlov)監督が、ロシア連邦保安庁の特別許可と国境警察の通行許可を得て撮影しました。日本人が容易に足を踏み入れることができない地域、「大砲や戦車、ゴミ溜めしかない」と島民が語り、国後島で暮らすロシア人らの生活、島の様子をありのままに映し出します。

Vladimir Kozlov (director) at Kunashir / Vladimir Kozlov

政治に翻弄され、複雑な思いを抱える島民らが現状を嘆き、率直に生活苦を語ります。ロシア側の主張に偏ることなく、日本ではあまり知られていない島民の証言や生活の実態を撮影しています。

寺の石垣、欠けた茶碗、朽ち果てた船や砲台など、国後島のいたるところに第2次世界大戦の痕跡があり、島民らはそれらを土から掘り起こしながら、日本人との思い出も記憶から掘り起こし始めます。日本人墓地は土に埋もれたまま無残に放置されており、島民らの生活圏も、整備が行き届いていない家やゴミが散らばり荒れ果ててているなど、忘れ去られた島のような寂しい風景が広がります。

2019年製作の映画は、ロシアのほとんどの映画館で上映が拒否されましたが、今年4月ようやくモスクワでの上映にこぎつけました。映画「クナシリ」でロシアの人も国後島の現実を知り、島の将来をめぐる議論が前進することを願っているとコズロフ監督は話しています。

Poster Kunashir / Vladimir Kozlov

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です