新しい国際スパイ博物館(International Spy Museum)

米ワシントンD.C.にある世界最大の国際スパイ博物館(International Spy Museum)は、、5月12日に新しく斬新なデザインと既存の建物の2倍以上の床面積になってオープンします。展示スペースの拡大や講堂/劇場の設置、そして教育プログラミング、多機能イベントスペースと新しいリソースなど、一新された最先端の国際スパイ博物館(International Spy Museum)が面白そうです(^^) 旧建物は東西冷戦時代の暗い雰囲気が漂っていましたが・・(^^)

Welcome home DB5! For the first time in 16 years, our Bond car hit the road. The iconic Aston Martin journeyed across the National Mall to its new digs at 700 L’Enfant Plaza. / Facebook

アストンマーティン・DB5は、映画007シリーズ「ゴールドフィンガー」「サンダーボール作戦」で様々な秘密兵器を搭載した改造車(ボンドカー)として登場したほか、「ゴールデンアイ」「トゥモロー・ネバー・ダイ」「カジノ・ロワイヤル」「スカイフォール」でも使用されました。「キャノンボール」にもロジャー・ムーアのマシンとして起用されています。

Golden Gun – International Spy Museum Assassin Francisco Scaramanga operates from the shadows with his unique single-shot golden gun. / Wikipedia

007 黄金銃を持つ男」で、正体不明の殺し屋フランシスコ・スカラマンガ(クリストファー・リー)の黄金銃は、ウォーターマンの万年筆(銃身)、コリブリのライター(薬室)、シガレットケース(グリップ)、カフスボタン(トリガー)、しかも全て金色のそれを組み立てて作られる単発銃で、金の弾丸で標的を殺すものです。

Rendering of the new International Spy Museum / Wikipedia


アイデアの宝庫、米国とドイツのスパイ博物館


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です