旧真田小学校(十日町・鉢集落)

新潟県十日町市 鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館

旧真田小学校(十日町・鉢集落)

第5回目となる大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ2012」が7月29日から開催されます。
越後妻有(つまり)は、新潟県十日町市と津南町からなる、自然と人間が共に暮らす「里山」が今も残る地域です。

十日町市の山間に小さな鉢集落があります。この鉢の真田小学校(2005年廃校)が、2009年7月26日に空間絵本の美術館として生まれ変っています。

絵本作家の田島征三さんが、長年思い描いてきた空間絵本。タイトルは「学校はカラッポにならない」です。

鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館

校舎中に配したオブジェは、流木や木の実などの自然物に絵具を塗ったものが、立体的に配されて絵本の中に入り込む感覚になるようです。

夢を食べる想像のオバケや、130年の長い歴史をもつ小学校に住んでいるユウレイ達まで浮遊する、面白い美術館になっているようです。

私にとって、新潟県十日町市鉢は地名(住所)は知っていても映像イメージが浮かばないところです。この空間絵本美術館に惹かれる所以かもしれません(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です