コンテンツへスキップ

映画史上初の「笑いと涙の融合」名作映画キッド(The Kid)

  • Movie

1921年に公開されたサイレント映画キッド(The Kid)は、オープニングで「笑いと たぶん涙の物語」と語っている通り、映画史上初めて喜劇と悲劇の融合が効果的に取り入れられた、親子の情愛を描いた長編コメディ映画です。監督・脚本・主演(サウンド版では音楽も)チャーリー・チャップリンです。脚本や貧困の描写は、チャップリンの幼少期の体験が反映されています。YouTubeで全編公開(68分)されています。

1921 silent film written and directed by Charlie Chaplin / Wikipedia

ロンドンの下町、芸術家の恋人に捨てられた若い娘が、赤ん坊の処理に困ったあげく、金持ちの車の中に置き去りにします。街の浮浪者チャップリンがその子を拾い育てることになります。5年後、貧乏でも愛情深く育てられて、ハンチングに破れたセーター姿に成長します。貧民街でチャップリンを助け、インチキ商売に精を出します。

女優として成功した生母は、貧民街に慈善活動にやってきて、そうとは知らずキッドと交流します・・・・。チャップリン自身の幼少期とも重なる、ヴォードヴィルの芸人だったキッドを演じたジャッキー・クーガンは、映画界で最も有名な子役になります。

  • チャップリン自伝 (上)-若き日々- (下)-栄光の日々-(中野好夫訳/新潮文庫)
    素晴らしい自伝でした。

ロンドンの薄汚れた劇場で、母の代役として5歳で初舞台を踏んだチャップリン。母の精神病院収容、継母の虐待、アル中の父の死・・・度重なる苦難に襲われ、救貧院・孤児院を転々とした少年は旅回りの一座で子役にありつきます。やがてコメディアンの才能を見出され渡米すると、草創期の映画界に引き抜かれ・・・。

Publicity poster for Charlie Chaplin’s 1921 movie The Kid / Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください