コンテンツへスキップ

海面上昇幅が過去最大、海水温と酸性度も記録を更新(WMO報告書)

  • Media

5月18日、世界気象機関(WMO)が公表した年次世界気候報告書によると、世界で海水面が2013年から2021年の年間平均で4.5センチ上昇し、過去最大幅になりました。1993年から2002年までと比べると上昇幅は2倍になっています。また、2021年の海洋の温度(海水温)と酸性度もこれまでで最も高くなっています。地球温暖化に伴って氷床の溶解が加速し、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の大気濃度上昇で、海洋のCO2吸収量も増加し海洋環境への影響が懸念されます。

  1. Four key climate change indicators break records in 2021(5/18 WMO)
  2. 海面上昇幅が過去最大に、水温と酸性度も記録更新=世界気象機関(5/19 ロイター)

Global mean sea level evolution from January 1993 to January 2022 (black curve) based on high-precision satellite altimetry. The coloured straight lines represent the average linear trend over three successive time spans (January 1993 to December 2002; January 2003 to December 2012; January 2013 to January 2022).

海洋の熱は記録的な高さでした。海の上部2,000mの深さは、2021年も温暖化を続けており、今後も温暖化が続くと予想されます。この変化は、100年から1,000年の時間スケールでは元に戻せません。すべてのデータセットは、海洋温暖化率が過去20年間で特に強い増加を示しています。暖かさは、これまで以上に深いレベルに浸透しています。2021年は、多くの海で少なくとも1つの「強い」海洋熱波を経験しています。

2021年の世界の年間平均気温は、1850〜1900年の産業革命前の平均を約1.11±0.13°C上回り、年の初めと終わりにラニーニャ現象により冷えたため、近年よりも暖かくなりませんでした。直近7年間(2015年から2021年)では、最も暖かい7年間です。WMOのペッテリ・ターラス(Petteri Taalas)事務総長は「記録上最も暖かい年が来るのは時間の問題です」と述べています。

Global annual mean temperature difference from pre-industrial conditions (1850–1900) for six global temperature data sets (1850–2021). For details of the data sets and processing see Data sets and methods. Source: Met Office, United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland./ WMO

さらにターラス事務総長は「私たちの気候は目の前で変化しています。人間が誘発する温室効果ガスによって閉じ込められた熱は、これから何世代にもわたって地球を暖めるでしょう。大気から炭素を除去する手段が発明されない限り、海面上昇、海洋熱、酸性化は何百年も続くでしょう。一部の氷河は戻ってこない状態に達しており、これは世界中で水ストレスを経験している20億人以上の人々に長期的な影響を与えるでしょう」と述べています。

世界経済フォーラムは、世界的な摩擦や亀裂の深化、100年に一度のパンデミックを背景に目的と決意を求めており、同年次総会もこれらの挑戦に立ち向かいます。過去2年の間、新型コロナウイルスの感染拡大や気候変動、教育、テクノロジー、エネルギー・ガバナンスに至るまで、様々な問題を扱うインパクト・イニシアチブを強化してきました。創設者兼会長であるクラウス・シュワブ氏は「年次総会は、パンデミックと戦争の結果、多極化した世界を特徴とするこの新しい状況において、世界のリーダーが一堂に会する最初のサミットとなります」述べています。

Global Climate in 2021 report / WMO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください