知的財産推進計画が新成長戦略へ

Central Park in New York

政府の知的財産戦略本部(本部長・鳩山首相)は5月21日、「知的財産推進計画2010」を決定しました。

「特定戦略分野における国際標準の獲得を通じた競争力強化」 「コンテンツ強化を核とした成長戦略の推進」 「知的財産の産業横断的な強化策」の3つを戦略的な柱として政府が6月にまとめる新成長戦略に盛り込まれる予定です。

配布資料は 知的財産推進計画2010(案)概要(pdf)ほか、資料4まであります。

ニューヨーク住人りばてぃ♪さんが「ニューヨークの遊び方」ブログで分かりやすく取り上げています。本当にいいですよ^^

この「知的財産推進計画2010」や「文化産業を21世紀のリーディング産業に」は、日本の未来と国際競争力を確実に左右します。

りばてぃ♪さんが、「海外市場へコンテンツを売り込みに行ったり、海外の制作チームと海外でコラボできる人材の育成について、もう少し何か具体策があっても良いような気がします。」と書かれていますが、私もそう感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です