コンテンツへスキップ

美しい手話短編映画サイレント・チャイルド(The Silent Child)

手話短編映画サイレント・チャイルド(The Silent Child)は、レイチェル・シェントン(Rachel Shenton)脚本・主演、クリス・オーバートン(Chris Overton)監督による2017年製作の英国映画(20分)です。先天性のろうあ者である4歳の少女リビーが、シェントン演じる社会福祉士と出会い、手話によるコミュニケーションを学ぶ物語です。第90回アカデミー賞短編映画賞を受賞しました。英国では、BBC Oneでテレビ初放送され360万人が視聴しました。YouTube(NITV)で全編公開(20分)されています。

The Silent Child — Oscar® Winning Short Film / NITVShorts

ろうあ者の少女リビー(4歳)。中産階級の彼女の家族は、自分たちの「壊れた」子どもが現実世界に生きていけるよう、その場しのぎの解決方法を探していました。しかし、聴覚障害専門の社会福祉士を雇ったことにより、問題はリビー本人以外にあることが明らかになっていきます。

The Silent Child — Oscar® Winning Short Film / NITVShorts

聴覚障害の父を持つ英女優レイチェル・シェントンさんが自らの経験を基に脚本を手がけ、ソーシャル・ワーカーを熱演しています。少女リビーを演じたメイジー・スライ(Maisie Sly)さんもまた生まれながら耳が聴こえません。レイチェルさんはもし受賞すれば、授与式で手話を使ってスピーチをするとメイジーに約束して見事に有言実行しています。

Please turn on captions, as they are essential for the sign-language used throughout this film.

Ddeaflinks Staffordshire have been providing a vital service for the deaf and hard of hearing community in Staffordshire since 1868. Thank you for donating:

The Silent Child — Oscar® Winning Short Film / NITVShorts

“Gorgeously shot and perfectly performed, the movie delivers an emotional wallop that many features six times its length never achieve” – The New York Times
“Effortlessly heart-tugging” – Los Angeles Times
“A rich script from first-time screenwriter Rachel Shenton” – IndieWire
“It’s beautiful and it’s a real little movie. I loved it” – The Hollywood Reporter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください