英国代表で東京五輪目指すスカイ・ブラウン(10歳)

世界最年少(10歳)のプロスケートボーダーのスカイ・ブラウン(Sky Brown)さんは、3月13日に出身国の日本ではなく、英国代表で東京五輪を目指すことを決めたそうです。日本人の母親と英国人の父親の元に生まれた宮崎県在住のスカイさんは、自身がまだ幼いのを考慮し、よりゆとりがあるアプローチを提示されたことが、英国を選択する理由になったと明かしたそうです。

If you can Dream it, you can do it!!! Don’t let ANYBODY stop you!!! / Facebook

動画投稿サイト YouTubeで高い人気を誇るスカイ・ブラウンさんは、「楽しもう、プレッシャーはないよ!」と言ってくれたから、英国を選ぶことにしたそうです。また「それがベストのスケートをする一番のやり方だと思うから」と話しているそうです(^^)

さらに「日本で五輪が行われるのは本当にクール。私のホームで、生まれた場所だから」「ものすごい特別なものになる」と語っています。東京五輪に12歳で出場を決めれば、夏季大会では英国史上最年少のオリンピアンとなるそうです。応援したいですね(^^)

スカイ・ブラウンさんは、プロのサーファーとして米スポーツ用品のナイキ(Nike)と契約を結んだ最年少アスリートでもあります。また、スケートボードを通じて紛争や貧困にあえぐ世界各地域に住む若者や子どもたちを勇気付けるという理念の元で活動している、国際的な非営利団体(NPO)のスケーティスタン(Skateistan)と協力しています。


アフガニスタンのカーブル:SKATEISTAN


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です