5Gにおけるクリーンネットワーク(Clean Network)の重要性

8月5日、米国務省はクリーンネットワーク(Clean Network)プログラムを発表しました。4月29日、米政権が発表した「5G Clean Path」のイニシアティブを基にした5つの要素を明らかにしました。マイク・ポンペオ国務長官は「中国共産党などの悪意ある行為主体による攻撃的侵入」から個人情報や企業の機密情報を保護するものだと述べて、すべての国と企業にクリーンネットワークへの参加を呼びかけています。

The Clean Network: Clean Carrier, Clean Store, Clean Apps, Clean Cloud, Clean Cable, Clean Path / state.gov

4月の「5G Clean Path」では5G通信網について、中国企業が全く関与しないクリーンパス(Clean Path)であることを求めると発表していました。今回のクリーンネットワーク(Clean Network)では、具体的に5つの要素を挙げています。

1.クリーンキャリア(Clean Carrier):中国の「信頼できない通信キャリア」を米国の通信ネットワークに接続させない。
2.クリーンストア(Clean Store):米国のアプリストアから中国製などの「信頼できないアプリ」を排除する。
3.クリーンアップス(Clean Apps):ファーウェイなど「信頼できない中国スマホメーカー」の製品では、米国製アプリを利用できなくさせる。
4.クリーンクラウド(Clean Cloud):阿里巴巴(アリババ)、百度(バイドゥ)、騰訊(テンセント)などの中国企業が、米国のクラウドにアクセスするのを防ぎ、医療や先端研究などのデータを保護する。
5.クリーンケーブル(Clean Cable):中国と各国のインターネットを繋げる海底ケーブルが、中国共産党の情報収集に使われないようにする。

5G(第5世代移動通信システム)では、高速大容量、低遅延、多数同時接続、高信頼性が要求される通信規格です。その信頼性について、4G(第4世代移動通信システム)ではコアネットワークネットワークエッジは分離されて管理されますが、5Gになるとコアネットワークとエッジの明確な区別がなくなり、ネットワーク全体として信頼性やセキュリティの重要性が増大します。

Get smart: Core vs. edge in 5G networks [infographic] (State Dept./S. Gemeny Wilkinson)

「5Gにおけるクリーンネットワーク(Clean Network)の重要性」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です