コンテンツへスキップ

Wi-Fi機能を搭載した800円マイコン「Raspberry Pi Pico W」

6月30日、Raspberry Piシリーズを開発しているRaspberry Pi財団が、Wi-Fi機能を搭載したマイコン「Raspberry Pi Pico W」を、わずか6ドル(約815円)で発売しました。2021年1月に発売した 4ドル(約540円)の「Raspberry Pi Pico」に 2.4GHz帯を使用する Wi-Fi規格「IEEE 802.11b/g/n」をサポートするInfineonの「CYW43439」チップを追加したものです。

Pinout and Design Files(Pico W)/ Raspberry Pi

独自開発したマイクロコントローラ「RP2040」を搭載した「Raspberry Pi Pico」は、半導体不足に悩む開発者にとって有用なツールとして、2022年6月までに200万台が出荷されているそうです。ユーザーから要望が多かったWi-Fi機能を搭載したことで、安価なIoTプラットフォームとして応用範囲を拡大しそうです。

C/C++ SDK、もしくは公式に提供されている MicroPythonインタプリタを使って開発が可能です。既存の Raspberry Piとは異なり Linux OSは搭載できません。

Infineonの「CYW43439」は、Wi-Fi 4(802.11n)と Bluetooth 5.2に対応していますが、「Raspberry Pi Pico W」ではWi-Fi機能のみが有効化されています。Raspberry Pi財団は「将来のアップデートで Bluetoothを有効にする可能性があります」と述べています。

Raspberry Pi Pico W(中央)/ raspberrypi.com

ヘッダーピンがはんだ付けされた価格5ドル(約680円)の「Raspberry Pi Pico H」も発売されています。8月には、ヘッダーピン付きでWi-Fiも使える「Raspberry Pi Pico WH」が7ドル(約950円)で発売されます。

3,000円パソコン Raspberry Pi(ラズベリーパイ)出荷


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください