史上初のSF映画 メリエス監督「月世界旅行」

Le Voyage dans la Lune(月世界旅行)

フランス語での原題は「Le Voyage dans la Lune」、英語では「A Trip to the Moon」。日本では「月世界旅行」として知られています。
1902年、世界初の職業映画監督と言われるフランスのジョルジュ・メリエスによって脚本・監督されたモノクロ・サイレント映画です。

原案は、ジュール・ヴェルヌの「地球から月へ」「月世界へ行く」の二部作を大幅に簡略化して変更を加えたもので、後半の月人のエピソードはH・G・ウェルズの「月世界最初の人間」が基になっています。

当時の映画としては、複数のシーンがあり、なおかつ物語があるという、非常に画期的なものです。また、史上初のSF映画とされ、映画史を語る上で必ず登場する重要な作品の一つです。

110年前の映像、大砲の弾丸で宇宙へ(^^)想像力の豊かさ、どこか新鮮ですね(^^)

ジョルジュ・メリエスといえば、先日発表されたアカデミー賞にて最多ノミネートとなったマーティン・スコセッシ監督、初の3D映画「ヒューゴの不思議な発明」の中心的な登場人物となっています。映画の中には「月世界旅行」の映像も登場するとのことです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です