blank

魅力的な架空都市のアート作品ハイブ(The Hive by Elmgreen & Dragset)

注目されているデンマークとノルウェーのアーティストデュオ、エルムグリーン&ドラッグセット(Elmgreen & Dragset)さんの作品、逆さになった架空の都市は、シカゴ、香港、クアラルンプール、ロンドン、パリのランドマークと、ニューヨークの象徴的なシルエットを組み合わせています。作品名は「The Hive, 2020」「CITY IN THE SKY, 2019」「Magic Mushrooms, 2015」と異なりますが、大都市の超高層ビル群や街全体に新たな視点を提案し、観る人の想像力を刺激します。逆さの作品は時空を超えた空間のように幻想的ですね(^^)

blank

Elmgreen & Dragset, The Hive, Moynihan Train Hall / Garrett Ziegler(flickr)

ニューヨークにある作品名ハイブ(Hive)は「蜂の巣」の意味ですが、映画「バイオハザード」に登場する架空の研究所の名前でもあります。アンブレラ社がラクーンシティの地下に作り、T-ウイルスの研究が行われ、「レッド・クイーン」と呼ばれる人工知能が全体を制御しています。地下にある未来的なウイルス研究施設です(^^)

2021年1月1日にミッドタウンの31~33丁目間の8~9番街間(8番街が正面入口)にオープンしたばかりの、ペンシルバニア駅が拡張して作られた新しいトレイン・ホールのモイニハン・トレイン・ホール(Moynihan Train Hall、略してMTH)をニューヨーク在住のりばてぃさんが、美しい建築デザインや芸術性が有名な駅舎と、魅力的なアート作品「The Hive」とともに紹介(3回)しています。

デンマークで2番目に大きな都市オーフスの文化センター(Dokk1)にある、マジックマッシュルーム(Magic Mushrooms)と呼ばれている2015年の作品です。この作品には普通の家屋もあり全体で178戸、最大2.8mの高さがある高層ビル群や港湾地域、住宅と16,800個のLED電球で構成され、総重量が21.3トンもある大規模作品です。街全体が逆さになるのを体験でき、暗い地下空間で観るのも魅力的ですね(^^)

blank

2017-08-30 – Kunst på Dokk1 – Magic Mushrooms / Dokk1(Facebook)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です