Parasite

韓国映画パラサイトが初めてパルムドールを受賞

2019年第72回カンヌ国際映画祭の授賞式が5月25日フランスで行われ、ポン・ジュノ監督の映画「パラサイト(英題) / Parasite」が最高賞となるパルムドールに輝いています。韓国映画のパルムドール受賞はこれが初めてです。昨年の是枝裕和監督作「万引き家族」に続き、アジア勢が連続でパルムドールを獲得する快挙となっています。

イベントでの監督とキャスト / Wikipedia

パラサイト(Parasite、韓国語:기생충(→寄生虫)は、韓国のブラック・コメディ映画です。監督はポン・ジュノ。主演はソン・ガンホ、共演はイ・ソンギュンチョ・ヨジョンチェ・ウシク、パク・ソダム(Park So-dam)ら。

審査員長のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥは「まったく先が読めない映画」「本作は様々なジャンルがミックスされており、切迫した事柄をユーモラスに描けている」と評し、他の審査員も本作を絶賛し満場一致での受賞だったと明かしています。

Parasite

Gisaengchung (2019) / IMDb

全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描いています。貧富の差という普遍的な問題を取り上げた作品です。

共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、ブラックコメディーという形で浮き彫りにしています。2019年5月30日に韓国で公開され、日本での公開時期は未定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です